Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル女子大学生の飲酒行動に関する実態調査 : 飲酒環境とアルコール依存度の関係
タイトルヨミジョシ ダイガクセイ ノ インシュ コウドウ ニ カンスル ジッタイ チョウサ : インシュ カンキョウ ト アルコール イゾンド ノ カンケイ
タイトル別表記The evaluation of collage female student's drinking habits and their alcohol dependences
作成者藤岡, 奈美
小野, 富美子
作成者ヨミフジオカ, ナミ
オノ, フミコ
作成者別表記Fujioka, Nami
Ono, Humiko
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)本研究では、20歳以上の女子大学生264名を対象とし、飲酒環境とアルコール依存度における実態調査を実施した。その結果、初めて酒席に参加した平均年齢は18.4±1.1歳であった。また、初回飲酒年齢は、平均18.2±2.0歳であり、大学入学を機会に酒席への参加、初回飲酒を経験していた。さらに、対象者の多くは、飲酒に肯定的イメージを抱き、飲酒すると「楽しい気分・雰囲気になれる」などと回答していた。しかし、対象者の9.1%がアルコール重篤依存者に該当し、過剰な飲酒行動であるイッキ飲み経験を対象者の58.9%が有しており、経験を有する者のほうが、有しない者と比較しアルコール依存度が有意に重篤化していた(P<0.001)。また、イッキ飲みの強要に関する実態は、「先輩の強要」が127人(81.9%)、「友人の強要」が49人(31.6%)であった。未成年の大学生や若年成人者を対象とした飲酒行動のデメリットに関する正しい知識を教育し、過剰な飲酒行動に関する危険性を認知させる指導の必要性、および過剰な強要を断るスキル、認知、および態度を習得すべく対策を講じる必要性が示唆された。
本文言語jpn
著者キーワード女子大学生
飲酒
アルコール依存
イッキ飲み
college female students
drinking
alcohol dependence
consuming an entire drink without stopping to take a breath
資料タイプtext
出版者日本母性衛生学会
出版者ヨミニホン ボセイ エイセイ ガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN0388-1512
NCIDAN0022863X
掲載誌名母性衛生
掲載誌名別表記Maternal health
53
4
開始ページ478
終了ページ486
発行日2013-01
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/110009578840/
関連情報URL(IsPartOf)http://mol.medicalonline.jp/library/archive/select?jo=cu2mater
著者版/出版社版その他
リポジトリID2013010271
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2013010271