Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2013010268.pdf ( 2.2MB ) 公開日 2015-09-18
タイトルGenome-wide DNA methylation analysis reveals a potential mechanism for the pathogenesis and development of uterine leiomyomas
作成者Maekawa, Ryo
Sato, Shun
Yamagata, Yoshiaki
Asada, Hiromi
Tamura, Isao
Lee, Lifa
Okada, Maki
Tamura, Hiroshi
Takaki, Eiichi
Nakai, Akira
Sugino, Norihiro
作成者ヨミマエカワ, リョウ
サトウ, シュン
ヤマガタ, ヨシアキ
アサダ, ヒロミ
タムラ, イサオ
オカダ, マキ
タムラ, ヒロシ
タカキ, エイイチ
ナカイ, アキラ
スギノ, ノリヒロ
作成者別表記前川, 亮
佐藤, 俊
山縣, 芳明
浅田, 裕美
田村, 功
李, 理華
岡田, 真紀
田村, 博史
高木, 栄一
中井, 彰
杉野, 法広
作成者所属山口大学医学部附属病院
山口大学大学院医学系研究科(医学)
本文言語eng
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者Public Library of Science
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN1932-6203
掲載誌名PloS one
8
6
開始ページe66632
発行日2013-06
PubMed IDinfo:pmid/23818951
DOIinfo:doi/10.1371/journal.pone.0066632
関連情報URL(IsPartOf)http://www.plosone.org/
著者版/出版社版出版社版
備考[ページ]の”e66632”は論文番号
リポジトリID2013010268
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2013010268