Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLD500010000007.pdf ( 912.4KB ) 公開日 2013-06-26
タイトル日本語会話ボランティアの制度化が持つ意義と課題
タイトルヨミニホンゴ カイワ ボランティア ノ セイドカ ガ モツ イギ ト カダイ
タイトル別表記The significance of and issues in institutionalization of visitor's
sessions in japanese classes
作成者永井, 涼子
作成者ヨミナガイ, リョウコ
作成者別表記Nagai, Ryoko
作成者所属山口大学大学教育機構
内容記述(抄録等)本稿では,昨年度留学生センターの一部の日本語授業で実施されたビジターセッシ
ョンを,今年度より「日本語会話ボランティア」として全クラス対象の登録制にし,
より多くの日本人学生に国際交流の場を提供すると同時に,より多くの日本語授業に
おいて日本人学生を会話の練習相手として呼べるようにした取組みを報告する。また
アンケート結果から,制度化の意義(国際理解の意識基盤作り)と募集方法について
の課題,改善策について述べる。
本文言語jpn
著者キーワード会話ボランティア
ビジターセッション
日本語
国際化
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学大学教育機構
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ダイガク キョウイク キコウ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN1349-4163
NCIDAA12007217
学内刊行物(紀要等)大学教育
掲載誌名大学教育
掲載誌名別表記Journal of higher education
10
開始ページ67
終了ページ78
発行日2013-03
関連情報URL(IsPartOf)http://www.oue.yamaguchi-u.ac.jp/publication.html
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDD500010000007
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D500010000007