Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLC070020000002.pdf ( 1.3MB ) 公開日 2013-05-31
タイトルなぜベルクソンは心霊研究に関心をよせたのか : 哲学上の方法論の観点から
タイトルヨミナゼ ベルクソン ワ シンレイ ケンキュウ ニ カンシン オ ヨセタ ノカ : テツガクジョウ ノ ホウホウロン ノ カンテン カラ
タイトル別表記How did Bergson come to be interested in psychical researches? : from a methodological perspective
作成者村上, 龍
作成者ヨミムラカミ, リュウ
作成者別表記Murakami, Ryu
作成者所属山口大学人文学部
内容記述(抄録等)Although rarely pointed out, Henri Bergson(1859-1941)was highly interested in psychical phenomena, or to be exact, in researches on such phenomena. But why? In this paper I am going to clarify the reason. Unfortunately there is no article in which Bergson directly mentions psychical researches except for ““Phantasms of the Living” and “Psychical Research””(1913). So I start by examining this exceptional article, and after that I turn my eyes to several related articles. Finally I will conclude that Bergson, whose speculation is firmly based on modern sciences, regards psychical researches as the newest one.
本文言語jpn
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学哲学研究会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク テツガク ケンキュウカイ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0919-357X
NCIDAN10403441
学内刊行物(紀要等)山口大学哲学研究
掲載誌名山口大学哲学研究
掲載誌名別表記The philosophical studies of Yamaguchi University
20
開始ページ27
終了ページ39
発行日2013-03-23
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDC070020000002
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/C070020000002