Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルEstimating the burden of acute gastroenteritis and foodborne illness caused by Campylobacter, Salmonella, and Vibrio parahaemolyticus by using population-based telephone survey data, Miyagi Prefecture, Japan, 2005 to 2006
作成者Kubota, Kunihiro
Kasuga, Fumio
Iwasaki, Emiko
Inagaki, Shunichi
Sakurai, Yoshiharu
Komatsu, Mayumi
Toyofuku, Hajime
Angulo, Frederick J.
Scallan, Elaine
Morikawa, Kaoru
作成者ヨミクボタ, クニヒロ
カスガ, フミオ
イワサキ, エミコ
イナガキ, シュンイチ
サクライ, ヨシハル
コマツ, マユミ
トヨフク, ハジメ
モリカワ, カオル
作成者別表記豊福, 肇
作成者所属共同獣医学部
本文言語eng
資料タイプtext
出版者International Association of Milk, Food, and Environmental Sanitarians
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0362028X
NCIDAA00698256
AA12111004
掲載誌名Journal of Food Protection
74
10
開始ページ1592
終了ページ1598
発行日2011-10-31
PubMed IDinfo:pmid/22004803
DOIinfo:doi/10.4315/0362-028X.JFP-10-387
著者版/出版社版その他
リポジトリID2013010734
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2013010734