Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030062000202.pdf ( 1.5MB ) 公開日 2013-05-31
タイトル救急・クリティカル領域における家族看護の構造モデル
タイトルヨミキュウキュウ クリティカル リョウイキ ニオケル カゾク カンゴ ノ コウゾウ モデル
タイトル別表記Structure model of family nursing provided by nurses in emergency and critical care
作成者山勢, 善江
山勢, 博彰
立野, 淳子
作成者ヨミヤマセ, ヨシエ
ヤマセ, ヒロアキ
タツノ, ジュンコ
作成者別表記Yamase, Yoshie
Yamase, Hiroaki
Tatsuno, Junko
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)本研究の目的は,クリティカルケア領域での看護師の家族看護の実態を明らかにし,その構造モデルを作成することである.方法は,クリティカルケア看護を専門とする看護師498名を対象に,質問紙調査を実施した.質問項目はCCFAP(Critical Care Family Assistance Program)とCNS-FACE(Coping & Needs Scale for Family Assessment in Critical and Emergency care settings)を基に,家族看護実践をあらわす7カテゴリー[環境調整][チーム調整][情緒支援][情報提供][意思決定支援][患者ケアへの参加][信頼関係構築]42項目,5段階リッカートスケールを用いた.各平均値は[信頼関係構築][情報提供][情緒支援][環境調整][患者ケアへの参加][意思決定支援][チーム調整]の順で高かった.7カテゴリーを観測変数とした共分散構造分析では,3つの潜在変数が見いだされた.1つは[チーム調整][環境調整]で構成される「周囲の環境調整」,2つめは[情報提供][情緒支援]で構成される「情報と情緒支援の提供」,3つめは[患者ケアへの参加][信頼関係構築][意思決定支援]で構成される「意思の尊重と行動支援」である.「周囲の環境調整」は「情報提供と情緒支援」に0.76(標準化係数),「情報提供と情緒支援」は「意思の尊重と行動支援」に0.92の高い影響を与えていた.モデルは,CFI=0.999,GFI=0.992,AGFI=0.987,RMSEA=0.099であり,適合性が確保できた. クリティカルケア領域での家族看護の構造は,家族の「周囲の環境調整」を行い,次に,「情報と情緒支援の提供」を,そして,家族の代理意思決定を行動に移せるよう「意思の尊重と行動支援」を行うというモデルで説明できた.

The objective of this study was to create a structural model of family nursing in critical care. A questionnaire has seven categories(42 items)that were created based on the Critical Care Family Assistance Program and the Coping & Needs Scale for Family Assessment in Critical and Emergency care settings was administered to a total of 498 nurses in critical care. The structure of family nursing was analyzed using covariance structure analysis, and the following three latent variables were identified:environmental coordination of surroundings consisting of“team coordination”and“environmental coordination”;provision of information and emotional support consisting of“provision of information”and“emotional support”;and respect for their thoughts and behavioral support consisting of“participation in patient care”,“construction of relationship”and“support for decision-making”.Provision of information and emotional support was strongly influenced by environmental coordination of surroundings, while respect for patients’thoughts and behavioral support was strongly influenced by provision of information and emotional support. The structure of family nursing in critical care, at first perform the environmental coordination of surroundings. Next provide information and emotional support, and respect their thoughts and support of behaviors for the family that has decision-making.
本文言語jpn
著者キーワード救急看護
クリティカルケア
家族看護
共分散構造分析
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
62
2
開始ページ91
終了ページ98
発行日2013-05-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030062000202
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030062000202