Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030062000201.pdf ( 3.3MB ) 公開日 2013-05-31
タイトル水疱性角膜症の瘢痕形成の検出と臨床的意義
タイトルヨミスイホウセイ カクマクショウ ノ ハンコン ケイセイ ノ ケンシュツ ト リンショウテキ イギ
タイトル別表記Detection and clinical impact of corneal stromal scarring in bullous keratopathy
作成者森重, 直行
作成者ヨミモリシゲ, ナオユキ
作成者別表記Morishige, Naoyuki
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)水疱性角膜症は,角膜内皮の不可逆性機能不全により角膜実質浮腫を来す疾患であり,現在では角膜移植でのみ視力回復が可能な疾患である.角膜移植手術の術式の変遷により,水疱性角膜症患者角膜実質の透明性確保の重要性が注目されている.我々は,第2次高調波発生顕微鏡を検出機器として用い,水疱性角膜症における角膜実質のコラーゲン線維束構造変化と角膜実質細胞の性状変化を評価し,瘢痕性変化の検出を行った.それらの病理組織的変化と臨床経過との関連を比較検討した.我々の検討から,水疱性角膜症の罹病期間が角膜実質の瘢痕性変化に影響することが明らかとなり,さらには水疱性角膜症の罹病期間が角膜内皮移植後の視力予後に影響することを見いだした.これらのことから,水疱性角膜症は病理組織学的にも臨床的にも罹病期間依存性進行性疾患であるということを提唱するに至った.

The pathogenesis of bullous keratopathy is corneal endothelial decompensation, resulting that the clinical appearance of bullous keratopathy is corneal stromal edema. Currently, the treatment trend for bullous keratopathy is changing from penetrating keratoplasty to corneal endothelial keratoplasty, which requires stromal transparency of patients’cornea. Thus we detected corneal stromal scar formation in bullous keratopathy by applying Second Harmonic Generation Imaging Microscopy for observing corneal stroma collagen lamellae structure and the phenotypes of corneal stromal cells. Furthermore, we analyzed the relationship between pathological changes in bullous keratopathy corneas and stromal edema duration. Our observation revealed that stromal edema duration affected to the appearance of scar formation in corneal stroma of bullous keratopathy and it also affected to the post operative visual acuity of corneal endothelial keratoplasty. Our pathological and clinical analysis demonstrated that bullous keratopathy is stromal edema duration-dependent progressive disease.
本文言語jpn
著者キーワード水疱性角膜症
瘢痕形成
実質浮腫
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
62
2
開始ページ85
終了ページ90
発行日2013-05-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030062000201
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030062000201