Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030062000109.pdf ( 1.8MB ) 公開日 2013-02-21
タイトル酸化マグネシウム製剤服用による大腸多発腸石の一例
タイトルヨミサンカ マグネシウム セイザイ フクヨウ ニヨル ダイチョウ タハツ チョウセキ ノ イチレイ
タイトル別表記A case of multiple colon enterolith caused by taking a magnesium oxide laxative
作成者川野, 道隆
白井, 保之
松永, 一仁
白澤, 友宏
松永, 尚治
横山, 雄一郎
野原, 寛章
近藤, 哲
新開, 泰司
斎藤, 満
作成者ヨミカワノ, ミチタカ
シライ, ヤスユキ
マツナガ, カズヒト
シラサワ, カズヒト
シラサワ, トモヒロ
マツナガ, タカハル
ヨコヤマ, ユウイチロウ
ノハラ, ヒロアキ
コンドウ, サトシ
シンガイ, ヤスシ
サイトウ, ミツル
作成者別表記Kawano, Michitaka
Shirai, Yasuyuki
Matsunaga, Kazuhito
Shirasawa, Tomohiro
Matsunaga, Takaharu
Yokoyama, Yuuichirou
Nohara, Hiroaki
Kondou, Satoshi
Shingai, Yasushi
Saitou, Mitsuru
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)真性腸石の本邦報告例は少数に過ぎない.酸化マグネシウム製剤の長期内服により大腸内多発腸石を来した稀な1例を報告する.症例は70歳代,女性.腰椎圧迫骨折,尿路感染症で入院したが,入院中に脳梗塞を発症し寝たきりとなった.便秘に対して酸化マグネシウム製剤を開始した約3年後に腹部膨満が悪化した.腹部CTで大腸内に多発する1cm大の石灰化を有する構造物を認め,下部消化管内視鏡検査では大腸内に多発する黄白色の腸石を認めた.結石分析検査で炭酸マグネシウム結石が疑われたため,酸化マグネシウム製剤の長期投与により形成された腸石を疑い,酸化マグネシウム製剤の中止と排便コントロールを行い,2週間後の腹部CTで腸石は消失した.これまでの真性腸石の本邦報告例では狭窄,憩室などの器質的因子が明らかであることが多いが,本症例では明らかな器質的因子はなく,寝たきりの状態による腸管運動機能の低下や腸管拡張が停滞因子となり腸石形成に関与したと考えられた.

We have reported a rare case in which long-term oral administration of a magnesium oxide caused the development of multiple enteroliths inside the colon. The patient was a 70-year-old woman. She became confined to the bed after developing a cerebral infarction while being hospitalized for a compression fracture and a urinary infection. She had experienced abdominal distension 3 years after starting a treatment using a magnesium oxide for constipation. Abdominal computed tomography revealed the presence of multiple structured objects inside the colon. Lower gastrointestinal endoscopy showed the presence of multiple enteroliths. On the basis of analytical test results, the enteroliths were suspected to be composed of magnesium carbonate. The administration of the magnesium oxide was discontinued, and defecation control was performed;Computed tomography performed 2 weeks later showed that the enteroliths had disappeared. Most cases of true enterolith reported in Japan have been found to be associated with organic factors such as stenosis or diverticula of the colon. However, our patient showed no apparent organic factors. Instead, the stagnation was believed to have been caused by factors such as bowel distention and decreased intestinal movements due to bed confinement, and this might have contributed to the formation of the enteroliths.
本文言語jpn
著者キーワード酸化マグネシウム
腸石
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
62
1
開始ページ55
終了ページ59
発行日2013-02-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030062000109
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030062000109