Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030062000110.pdf ( 3.0MB ) 公開日 2013-02-21
タイトル自然止血していた肝細胞癌破裂に対して腹腔鏡下肝外側区域切除術を施行した1例
タイトルヨミシゼン シケツ シテイタ カン サイボウ ガン ハレツ ニ タイシテ フククウキョウカ カン ガイソク クイキ セツジョジュツ オ シコウ シタ 1レイ
タイトル別表記Laparoscopic left lateral segmentectomy for spontaneously hemostatic ruptured hepatocellular carcinoma : a case report
作成者河岡, 徹
深田, 武久
桑原, 太一
松隈, 聰
金子, 唯
原田, 俊夫
平木, 桜夫
福田, 進太郎
作成者ヨミカワオカ, トオル
フカダ, タケヒサ
クワハラ, タイチ
マツクマ, サトシ
カネコ, タダシ
ハラダ, トシオ
ヒラキ, サクラオ
フクダ, シンタロウ
作成者別表記Kawaoka, Toru
Fukada, Takehisa
Kuwahara, Taichi
Matsukuma, Satoshi
Kaneko, Tadashi
Harada, Toshio
Hiraki, Sakurao
Fukuda, Shintaro
作成者所属山口大学医学部附属病院
内容記述(抄録等)自然止血していた肝細胞癌破裂症例に対して腹腔鏡下肝外側区域切除術を施行した稀な1例を経験したので報告する. 症例は61歳女性.主訴は軽度の圧痛を伴う上腹部腫瘤.CT, MRI, 超音波検査にてS3に約5cm大,肝表突出型で増大傾向を伴い,早期相で不均一に造影される単発性の肝腫瘍を認めた.肝機能は異常なく,HBs-Ag(-),HCV-Ab(-)であった.術直前のAFPは45071ng/ml, PIVKA-IIは8420mAU/mlと著明高値であった.以上より肝細胞癌を疑い,腹腔鏡下肝外側区域切除術を行うこととした.気腹後,腹腔内を観察したが,少量の血性腹水ならびに小網と膵臓に被覆された肝腫瘍を認め,破裂した肝細胞癌が自然止血されている状態であった.循環動態・バイタルサインも安定していた為,腹腔鏡下手術を続行した.肝細胞癌破裂自体,腹膜播種が危惧される予後不良因子であるが,腫瘍表面を覆っていた小網と膵前被膜の一部を腫瘍側に付け,破裂部を露出させず,また腫瘍自体も極力鉗子などで圧排しないよう注意しながら手術を完遂した.手術時間は331分,出血量は腫瘍からすでに出血していた量を含めて50mlであった.術後経過は良好で,第11病日に軽快退院した.術後10ヵ月経過した現在,画像上再発を認めず,AFP, PIVKA-IIともに基準値内に低下しているが,本症例は破裂を伴うStage IV aの肝細胞癌のため,厳重follow up中である. 肝細胞癌破裂に対する腹腔鏡下肝切除術の報告は文献上,殆どみられない.出血が完全に制御されており,循環動態・バイタルサインが安定している症例では,破裂症例といえども腫瘍の圧迫や破裂部の露出などがないよう細心の注意を加えながら手術を行えば,腹腔鏡下肝切除術も可能と思われる.

We report a case of spontaneously hemostatic ruptured hepatocellular carcinoma(HCC)resected laparoscopically. A 61-year-old previously healthy woman was admitted to our hospital with complaint of mild pain related to the tumor in the upper abdomen. She had no viral infection. Abdominal ultrasound, computed tomography, and MRI revealed a protrusive liver tumor arising from segment III about 5.7cm in maximal diameter, which was increasing. Alfa-fetoprotein and protein induced by vitamin K absence or antagonist II were extremely high and increasing rapidly. HCC was suspected and laparoscopic left lateral segmentectomy was performed. A little bloody ascites was present and ruptured HCC was suspected. The tumor was covered with a part of lesser omentum and pancreas, and the bleeding site had been sealed off. We could finish the laparoscopic operation safely because vital signs were stable. Postoperative course was uneventful. A few cases with ruptured HCC have been seen treated by laparoscopic hepatectomy alone in the literature. When the tumor bleeding is completely controlled and general conditions are stable, one-stage laparoscopic liver resection is one of the options.
本文言語jpn
著者キーワード肝細胞癌
破裂
自然止血
腹腔鏡下手術
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
62
1
開始ページ61
終了ページ66
発行日2013-02-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030062000110
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030062000110