Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030061000401.pdf ( 1.0MB ) 公開日 2013-02-21
タイトル胃癌におけるChromosomal Instabilityの臨床的意義
タイトルヨミイガン ニオケル Chromosomal Instability ノ リンショウテキ イギ
タイトル別表記Clinical significance of chromosomal instability in gastric cancer
作成者内山, 哲史
古屋, 智子
中島, 正夫
足立, 淳
内迫, 博幸
佐々木, 功典
作成者ヨミウチヤマ, テツジ
フルヤ, トモコ
ナカジマ, マサオ
アダチ, アツシ
ウチサコ, ヒロユキ
ササキ, コウスケ
作成者別表記Uchiyama, Tetsuji
Furuya, Tomoko
Nakajima, Masao
Adachi, Atsushi
Uchisako, Hiroyuki
Sasaki, Kohsuke
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)癌の治療においては,個々の症例の悪性度に従った過不足のない治療が行えれば理想的である.癌の特徴の1つであるchromosomal instability(CIN) が胃癌における悪性度評価の指標として臨床的意義を有するかを検討した.平成5年12月から平成15年5月までに当科で切除術を施行した胃癌90例を用いた.年齢は42~89歳(平均68.9歳),男性67例,女性23例,早期癌20例,進行癌70例であった.検査材料は摘出標本の1~5箇所から採取した.7, 11, 17, 18番染色体のセントロメアプローブを用いてfluorescence in situ hybridization(FISH)を行い,200個の細胞においてそれぞれの染色体数とその染色体数を有する細胞の数を計測し,染色体のモード値以外の染色体数を有する細胞の割合(variant fraction:VF)を算出することによりCINを評価した.壁深達度,リンパ節転移,リンパ管侵襲,静脈侵襲が進むにつれてCINは大きくなる傾向が認められた.CIN1:VF<0%,CIN2:20%≦VF<40%,CIN3:40%≦VFと定義して層別化し,Kaplan-Meier法による生存分析を行った.7番染色体においてCIN1に比べCIN3で(p=0.0385),17番染色体においてCIN1に比べCIN3で(p=0.0798),18番染色体においてCIN1に比べCIN2で(p=0.0658),及びCIN1に比べCIN3で(p=0.00744),生存率が有意に低かった.CINの程度が増大するにつれ予後が不良であった.FISHによるCINは胃癌における悪性度評価の1つの指標として臨床的意義を有すると思われた.

The purpose of this study was to evaluate clinical significance of chromosomal instability(CIN)in primary gastric cancer. In 90 sporadic gastric carcinomas, we measured numerical aberrations for chromosome 7, 11, 17 and 18 by fluorescence in situ hybridization(FISH)with genomic probes for the centromeres of chromosome. Hybridization signals were counted in 200 interphase nuclei. The modal copy number of each chromosome was determined. The fraction of cells with chromosome numbers that differed from the mode(Variant Fraction:VF)was calculated for each chromosome. The degree of CIN was defined according to the size of VF. The degree of CIN was associated significantly with increased tumor depth, lymphnode metastasis, lymphatic invasion and venous invasion. When the grade of CIN was defined as follows:CIN1;VF<20% of the cells, CIN2;20%≦VF<40% of the cells, CIN3;40% of the cells≦VF, CIN status significantly correlated with overall survival(chromosome 7:CIN1 vs. CIN3 p=0.0385, chromosome 17:CIN1 vs. CIN3 p=0.0798, chromosome 18:CIN1 vs. CIN2 p=0.0658, CIN1 vs. CIN3 p=0.00744).Analysis of CIN status may be clinically significant in evaluation of degree of malignancy in patient with gastric cancer.
本文言語jpn
著者キーワード胃癌
悪性度
染色体不安定性
FISH
予後
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
61
4
開始ページ135
終了ページ140
発行日2012-11-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030061000401
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030061000401