Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030061000303.pdf ( 946.8KB ) 公開日 2013-02-21
タイトル患側子宮上部切断術を施行したWunderlich症候群の1例
タイトルヨミカンソク シキュウ ジョウブ セツダンジュツ オ シコウ シタ Wunderlich ショウコウグン ノ 1レイ
タイトル別表記A case of wunderlich syndrome performed supra-cervical hysterectomy
作成者浅田, 裕美
田村, 博史
田邊, 学
李, 理華
木塚, 文恵
田村, 功
前川, 亮
竹谷, 俊明
山縣, 芳明
杉野, 法広
作成者ヨミアサダ, ヒロミ
タムラ, ヒロシ
タナベ, マナブ
リ, リファ
キズカ, フミエ
タムラ, イサオ
マエカワ, リョウ
タケタニ, トシアキ
ヤマガタ, ヨシアキ
スギノ, ノリヒロ
作成者別表記Asada, Hiromi
Tamura, Hiroshi
Tanabe, Manabu
Lee, Lifa
Kizuka, Fumie
Tamura, Isao
Maekawa, Ryo
Taketani, Toshiaki
Yamagata, Yoshiaki
Sugino, Norihiro
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)症例は12歳,女性.重度の月経困難症を主訴に近医を受診し,MRI・CT検査にて子宮奇形と右腎無形成を疑われたため当科紹介となった.各種検査より重複子宮の右側子宮および卵管の留血腫と右腎無形成を認め,Wunderlich症候群と診断した.腹腔鏡で観察した後,本症例の基本術式である経膣的開窓術を試みるも施行困難であったため,開腹術による患側子宮上部切断術を施行した.術後,症状は著明に改善した.

A 12-year-old girl presented with chief complaints of severe dysmenorrhea and lower abdominal pain. Magnetic resonance imaging, computed tomography and drip infusion pyelography showed uterus didelphys with right hematometra and hematosalpinx, and right renal agenesis. Under diagnosis of Wunderlich syndrome, we performed laparoscopic exploration. Although excision of the obstructing cervix has been recommended as the first treatment for this syndrome, we couldn’t perform resection of vaginal wall. So we selected supra-cervical hysterectomy of right uterus. After surgery, her symptoms are quite improved.
本文言語jpn
著者キーワードWunderlich症候群
重複子宮
子宮留血腫
腎無形成
子宮上部切断術
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
61
3
開始ページ93
終了ページ98
発行日2012-08-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030061000303
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030061000303