Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030061000301.pdf ( 853.7KB ) 公開日 2013-02-21
タイトル小郡第一総合病院における乳癌検診の現状と課題
タイトルヨミオゴオリ ダイイチ ソウゴウ ビョウイン ニオケル ニュウガン ケンシン ノ ゲンジョウ ト カダイ
タイトル別表記Breast cancer screening in Ogori, Yamaguchi prefecture
作成者前田, 和成
衛藤, 隆一
小佐々, 博明
成松, 昭夫
清水, 良一
作成者ヨミマエダ, カズナリ
エトウ, リュウイチ
オザサ, ヒロアキ
ナリマツ, アキオ
シミズ, リョウイチ
作成者別表記Maeda, Kazunari
Eto, Ryuichi
Ozasa, Hiroaki
Narimatsu, Akio
Shimizu, Ryoichi
内容記述(抄録等)当院で施行している乳癌検診の現状を調査・評価することにより,その問題点を検討した.調査の対象は当院の乳癌住民検診を受診した2010年度360人.当院の乳癌発見率,要精検率,陽性反応的中度,精密検査受診率をまとめた.2007年度の全国平均および山口県のデータを参考に検討した.平均年齢は57.4歳,乳癌検診初回受診者は120名で,全体の33.3%であった.当院の乳癌発見率,要精検率,陽性反応的中度,精密検査受診率はそれぞれ0.83%,15.3%,5.5%,98.2%であった.2007年度地域保健・老人保健事業報告書による全国平均はそれぞれ0.27%,8.6%,3.2%,79.6%で,山口県は0.52%,11.9%,4.4%,91.3%であった.当院での乳癌検診では,癌発見率が高かった.山口市ではマンモグラフィ二方向撮影で検診を行っており,5名ものマンモグラフィ読影認定医による判定によるものと考えられる.さらに精密検査受診率が高く,一次検診から二次検診への誘導が円滑に行われていることも要因の一つである.一方,要精検率が高くなっており,医療経済の面からは特異度向上が課題と考える.乳癌検診の成果を上げるためには受診率の向上が必要であり,当院では検診受診者へ啓蒙活動を積極的に行い,さらに産婦人科と連携したレディース検診の推奨や,新病棟建設に際し,検診の導線を男女別にして設計することで女性の検診受診を促し,総じて乳癌検診の受診率を向上させるよう努力している.

We examined the problems by evaluating the current status of breast cancer screening study conducted in our hospital. Subject of investigation have received a breast cancer screening in our hospital in 2010. Breast cancer detection rate in our hospital, abnormal interpretation rate, positive predictive value, the consultation rate of detailed examination, data were summarized. We referenced the date of the national average and Yamaguchi Prefecture in 2007. The breast cancer detection rate of our hospital, abnormal interpretation rate, positive predictive value, the consultation rate of detailed examination respectively 0.833%, 15.28%, 5.455%, 98.2%. Breast cancer detection rate in our hospital was high. Because Yamaguchi City is shooting two-projection mammography, the determination by the certifying physician interpreting mammograms even five, and the consultation rate of detailed examination is extremely high in our hospital, which is to facilitate the induction of detailed examination from screening, breast cancer detection rate is high. On the other hand, a rate of abnormal interpretation is high, we should think how to improve the specificity issue in terms of health economics. In our hospital, we have been working to improve the consultation rate for breast cancer screening in several measures with the gynecologist.
本文言語jpn
著者キーワード乳癌検診
マンモグラフィ二方向検診
発見率
陽性反応的中度
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
61
3
開始ページ83
終了ページ88
発行日2012-08-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030061000301
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030061000301