Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルSelf-cloning yeast strains containing novel FAS2 mutations produce a higher amount of ethyl caproate in Japanese sake
作成者Aritomi, Kazuo
Hirosawa, Isao
Hoshida, Hisashi
Shiigi, Mikio
Nishizawa, Yoshinori
Kashiwagi, Susumu
Akada, Rinji
作成者ヨミアリトミ, カズオ
ヒロサワ, イサオ
ホシダ, ヒサシ
シイギ, ミキオ
ニシザワ, ヨシノリ
カシワギ, ススム
アカダ, リンジ
作成者別表記星田, 尚司
赤田, 倫治
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(工学)
本文言語eng
著者キーワードSaccharomyces cerevisiae
sake yeast
FAS2
ethyl caproate
self-cloning
資料タイプtext
出版者Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
公益社団法人日本農芸化学会
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0916-8451
1347-6947
NCIDAA10824164
AA12018610
掲載誌名Bioscience, biotechnology, and biochemistry
68
1
開始ページ68
終了ページ73
発行日2004-01
PubMed IDinfo:pmid/14745185
DOIinfo:doi/10.1271/bbb.68.206
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/10013141324
著者版/出版社版その他
リポジトリID2012011230
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2012011230