Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルPossible detection of apparent superluminal inward motion in Markarian 421 after the giant x-ray flare in 2010 February
作成者Niinuma, K.
Kino, M.
Nagai, H.
Isobe, N.
Gabanyi, K. E.
Hada, K.
Koyama, S.
Asada, K.
Oyama, T.
Fujisawa, K.
作成者ヨミニイヌマ, コウタロウ
フジサワ, ケンタ
作成者別表記新沼, 浩太郎
藤澤, 健太
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(理学)
山口大学時間学研究所
本文言語eng
著者キーワードBL Lacertae objects: individual (Mrk 421)
techniques: interferometric
資料タイプtext
出版者University of Chicago Press
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN0004-637X
1538-4357
掲載誌名The Astrophysical journal
759
2
開始ページ84
発行日2012-11-10
DOIinfo:doi/10.1088/0004-637X/759/2/84
関連情報URL(IsPartOf)http://iopscience.iop.org/0004-637X/
著者版/出版社版その他
備考[ページ]の”84”は論文番号
リポジトリID2012010958
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2012010958