Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLA030053000205.pdf ( 449.8KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル土の残留強度を測定するための繰返し一面せん断試験の方法と結果の解釈
タイトルヨミツチ ノ ザンリュウ キョウド オ ソクテイ スル タメ ノ クリカエシ イチメン センダン シケン ノ ホウホウ ト ケッカ ノ カイシャク
タイトル別表記Method of reversal box shear test for determining residual strength of soil and exposition of test result
作成者鈴木, 素之
山本, 哲朗
北村, 一也
中森, 克己
福田, 順二
作成者ヨミスズキ, モトユキ
ヤマモト, テツロウ
キタムラ, カズヤ
ナカモリ, カツミ
フクダ, ジュンジ
作成者別表記Suzuki, Motoyuki
Yamamoto, Tetsuro
Kitamura, Kazuya
Nakamori, Katsumi
Fukuda, Junji
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)To determine residual strengths of a kaolin and a landslide clay, reversal box shear tests were carried out. In this paper the normal stress, the shear displacement rate, the overconsolidation ratio, and the disturbance and the grading of the soil samples are taken up among many factors affecting test results. Consequently, residual strength of kaolin is not significantly influenced by the normal stress above 200 kPa, the overconsolidation ratio and the shear displacement rate below 1.0 mm/min. Also, there exists no difference between residual strengths of undisturbed and disturbed samples. Furthermore, residual strength of disturbed samples passed through 0.42 mm and 0.85 mm sieves respectively, was much lower than that of sample having an original grading.
本文言語jpn
著者キーワードlandslide
clay
residual strength
reversal box shear test
主題工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN1345-5583
NCIDAA11422756
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
53
2
開始ページ143
終了ページ153
発行日2003-03
関連情報URL(IsPartOf)http://memoirs.lib-e.yamaguchi-u.ac.jp/
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDA030053000205
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/A030053000205