Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルRelationship between coronary artery disease and non-HDL-C, and effect of highly purified EPA on the risk of coronary artery disease in hypercholesterolemic patients treated with statins : Sub-analysis of the Japan EPA lipid intervention study (JELIS)
作成者Sasaki, Jun
Yokoyama, Mitsuhiro
Matsuzaki, Masunori
Saito, Yasushi
Origasa, Hideki
Ishikawa, Yuichi
Oikawa, Shinichi
Itakura, Hiroshige
Hishida, Hitoshi
Kita, Toru
Kitabatake, Akira
Nakaya, Noriaki
Sakata, Toshiie
Shimada, Kazuyuki
Shirato, Kunio
Matsuzawa, Yuji
作成者ヨミササキ, ジュン
ヨコヤマ, ミツヒロ
マツザキ, マスノリ
サイトウ, ヤスシ
オリガサ, ヒデキ
イシカワ, ユウイチ
オイカワ, シンイチ
イタクラ, ヒロシゲ
ヒシダ, ヒトシ
キタ, トオル
キタバタケ, アキラ
ナカヤ, ノリアキ
サカタ, トシイエ
シマダ, カズユキ
シラト, クニオ
マツザワ, ユウジ
作成者別表記松﨑, 益徳
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
本文言語eng
著者キーワードEicosapentaenoic acid
Non HDL-C
Coronary artery disease
Residual risk
資料タイプtext
出版者Japan Atherosclerosis Society
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN1340-3478
1880-3873
NCIDAA12022527
掲載誌名Journal of atherosclerosis and thrombosis
19
2
開始ページ194
終了ページ204
発行日2012-02-25
PubMed IDinfo:pmid/22186099
DOIinfo:doi/10.5551/jat.8326
関連情報URL(IsPartOf)http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jat/_vols/-char/ja
著者版/出版社版その他
リポジトリID2011010515
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2011010515