Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルCutting edge : Brucella abortus exploits a cellular prion protein on intestinal m cells as an invasive receptor
作成者Nakato, Gaku
Hase, Koji
Suzuki, Michio
Kimura, Masanobu
Ato, Manabu
Hanazato, Misaho
Tobiume, Minoru
Horiuchi, Motohiro
Atarashi, Ryuichiro
Nishida, Noriyuki
Watarai, Masahisa
Imaoka, Koichi
Ohno, Hiroshi
作成者ヨミナカト, ガク
ハセ, コウジ
スズキ, ミチオ
キムラ, マサノブ
アトウ, マナブ
ハナザト, ミサホ
トビウメ, ミノル
ホリウチ, モトヒロ
アタラシ, リュウイチロウ
ニシダ, ノリユキ
ワタライ, マサヒサ
イマオカ, コウイチ
オオノ, ヒロシ
作成者別表記度会, 雅久
作成者所属山口大学大学院連合獣医学研究科
本文言語eng
資料タイプtext
出版者Williams & Wilkins
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN0022-1767
1550-6606
NCIDAA00699656
AA12067070
掲載誌名Journal of immunology
189
4
開始ページ1540
終了ページ1544
発行日2012-08-15
PubMed IDinfo:pmid/22772447
DOIinfo:doi/10.4049/jimmunol.1103332
関連情報URL(IsPartOf)http://www.jimmunol.org/
著者版/出版社版その他
リポジトリID2012010621
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2012010621