Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030060000604.pdf ( 1.2MB ) 公開日 2012-04-04
タイトル術前診断に超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)が有用であった十二指腸カルチノイド腫瘍の一例
タイトルヨミジュツゼン シンダン ニ チョウオンパ ナイシキョウカ センシ キュウイン サイボウシン EUS-FNA ガ ユウヨウ デアッタ ジュウニシチョウ カルチノイド シュヨウ ノ イチレイ
タイトル別表記A case of duodenal carcinoid tumor diagnosed by endoscopic ultrasonography guided fine-needle aspiration(EUS-FNA)
作成者播磨, 博文
仙譽, 学
戒能, 聖治
末永, 成之
植木谷, 俊之
吉田, 加奈子
原野, 恵
鈴木, 伸明
岡, 正朗
坂井田, 功
作成者ヨミハリマ, ヒロフミ
センヨ, マナブ
カイノウ, セイジ
スエナガ, シゲユキ
ウエキタニ, トシユキ
ヨシダ, カナコ
ハラノ, メグミ
スズキ, ノブアキ
オカ, マサアキ
サカイダ, イサオ
作成者別表記Harima, Hirofumi
Sen-yo, Manabu
Kaino, Seiji
Suenaga, Shigeyuki
Uekitani, Toshiyuki
Yoshida, Kanako
Harano, Megumi
Suzuki, Nobuaki
Oka, Masaaki
Sakaida, Isao
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)症例は60代,男性.2008年4月に肝機能異常精査目的に当科紹介となった.スクリーニングの上部消化管内視鏡検査で十二指腸球部後壁に潰瘍を伴った粘膜下腫瘍を認めた.生検では正常粘膜しか得られなかったため,精査加療目的に入院となった.超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診を施行し,管状・索状の腫瘍細胞の増生を認め,Chromogranin A,synaptophysin,CD56が陽性であり,十二指腸カルチノイド腫瘍の診断で十二指腸部分切除術を行った.術後34ヵ月が経過したが,現在無再発生存中である.

A 60-year-level man was admitted to our hospital for further investigation of duodenal submucosal tumor which had ulceration on the top. Although endoscopic forceps biopsy revealed only normal duodenal mucosa, pathological examination by endoscopic ultrasonographyguided fine-needle aspiration showed tumor cell which had cord and ductal like structure. In immunostaining, tumor cells were positive for chromogranin A, synaptophysin and CD56. Partial duodenectomy was performed as a duodenal carcinoid tumor. 34 months after surgery, he is alive without recurrence.
本文言語jpn
著者キーワード十二指腸カルチノイド
EUS-FNA
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
60
6
開始ページ243
終了ページ248
発行日2011-12-31
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030060000604
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030060000604