Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030060000504.pdf ( 859.3KB ) 公開日 2012-04-04
タイトル山口大学医学部医学科学生の希望診療科に関する調査
タイトルヨミヤマグチ ダイガク イガクブ イガッカ ガクセイ ノ キボウ シンリョウカ ニ カンスル チョウサ
タイトル別表記Specialty preferences among students at Yamaguchi university school of medicine
作成者岡野, 美咲
福田, 吉治
安部, 真彰
中村, 浩士
瀬川, 誠
作成者ヨミオカノ, ミサキ
フクダ, ヨシハル
アベ, マサアキ
ナカムラ, ヒロシ
セガワ, マコト
作成者別表記Okano, Misaki
Fukuda, Yoshiharu
Abe, Masaaki
Nakamura, Hiroshi
Segawa, Makoto
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)診療科偏在を含む医師不足が社会的課題となっている.本研究は,山口大学医学部医学科学生(平成22年度)を対象に,将来進む可能性のある診療科について調査を行った.調査は,全医学生を対象に,無記名自記式質問紙にて,診療別に将来の進む可能性について回答を求めた.600名の学生のうち447名から回答があった.将来進む可能性が「かなり高い」または「高い」と回答した割合のもっとも高い診療科は内科(48.4%)で,外科23.5%,小児科23.3%,総合診療科20.7%,救急救命科17.2%と続いた.男女による希望診療科の違いについて,外科,脳神経外科,整形外科,救急救命科で男性の割合が高く,小児科,麻酔科,産婦人科,皮膚科,基礎で女性の割合が高かった.2年前に行った同様の調査と比較すると,希望する診療科の割合に有意な変化はなかった.学年が上がるにつれて内科を希望する学生の割合が高くなっていた.地域医療に関連した奨学金貸与・地域枠学生は,他の学生に比較して,小児科と産婦人科を希望する割合が高かった.本調査は卒後の実際の進路を示すものではないが,今回示された進路希望や属性によるその違いは,医師の診療科偏在の解決策を講じるにあたり参考にすべきものであると思われる.

This study was conducted to examine specialty preferences of students attending Yamaguchi University School of Medicine. In total, 447 of 600 medical students of 2010 fiscal year responded to a self-administrated questionnaire about the probability of selecting each specialty in the future. Internal medicine was the most commonly preferred specialty, with 48.4% of students answering“very high”or“high”probability. General surgery (23.5%), pediatrics (23.3%), general medicine( 20.7%) and emergency medicine (17.2%) followed. There was a remarkable gender difference;general surgery, neurosurgery, orthopedics and emergency medicine tended to be preferred by males, while pediatrics, anesthesiology, gynecology and obstetrics, and dermatology were generally preferred by females. There was no significant difference in the specialty preferences between 2008 and 2010 surveys. The preference for internal medicine increased with advancing student years. The students of quotas related to rural and community medicine preferred pediatrics and gynecology and obstetrics more compared to other students. The results of this study should be considered for effective strategies to address specialty maldistribution of physicians.
本文言語jpn
著者キーワード医学生
進路希望
診療科
医師偏在
質問紙調査
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
60
5
開始ページ179
終了ページ184
発行日2011-10-31
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030060000504
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030060000504