Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030060000503.pdf ( 887.6KB ) 公開日 2012-04-04
タイトル肝細胞癌に対する新たな肝動脈カテーテル療法の有用性 (ミニ・レビュー : 中村賞受賞者)
タイトルヨミカンサイボウ ガン ニ タイスル アラタナ カンドウミャク カテーテル リョウホウ ノ ユウヨウセイ ミニ レビュー : ナカムラショウ ジュショウシャ
タイトル別表記Efficacy of novel transcatheter arterial therapy for hepatocellular carcinoma
作成者山﨑, 隆弘
作成者ヨミヤマサキ, タカヒロ
作成者別表記Yamasaki, Takahiro
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)肝動脈塞栓療法(TACE)は,肝細胞癌の代表的な治療法のひとつであり,有用性については認知されている.一方,手技上TACE不可能な症例には肝動脈化学療法(Lip-TAI)が汎用されるが,局所コントロールが不良との指摘もある.われわれは,新たな肝動脈カテーテル療法(Lip+DSM-TAI)を考案したので,その有用性について紹介する.

Transcatheter arterial chemoembolization (TACE) has become one of the most popular for hepatocellular carcinoma (HCC) patients. TACE has been reported to be a useful treatment. On the other hand, transcatheter arterial infusion chemotherapy using an emulsion of iodized oil (lipiodol) and an anticancer agent (Lip-TAI) (without gelatin sponge particle) has usually been performed for HCC patients in whom the catheter could not be inserted in the targeted segment or a feeding artery was not detected in the tumor. However, it has been reported that the effect of Lip-TAI was lower than that of TACE in the local tumor control. We designed a novel transcatheter arterial infusion chemotherapy using lipiodol and degradable starch microspheres[Lip+DSM-TAI]for HCC patients. We induct the efficacy of this novel therapy.
本文言語jpn
著者キーワード肝細胞癌
肝動脈カテーテル療法
塞栓療法
リピオドール
微小デンプン球
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
60
5
開始ページ173
終了ページ178
発行日2011-10-31
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030060000503
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030060000503