Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLC010061000310.pdf ( 4.2MB ) 公開日 2012-05-08
タイトル大学生の多元的アイデンティティと適応機能の関連
タイトルヨミダイガクセイ ノ タゲンテキ アイデンティティ ト テキオウ キノウ ノ カンレン
タイトル別表記The relationship between plural identity and adaptive function of undergraduates
作成者西田, 若葉
沖林, 洋平
大石, 英史
作成者ヨミニシダ, ワカバ
オキバヤシ, ヨウヘイ
オオイシ, エイジ
作成者別表記Nishida, Wakaba
Okibayashi, Yohei
Oishi, Eiji
作成者所属山口大学教育学部
内容記述(抄録等)本研究の目的は、従来の確立された「達成」アイデンティティおよび多元的アイデンテイティのあり方について把握し、両者がどのように適応機能と関連するか検討することであった。大学生374名を対象に、質問紙調査を用いてアイデンティティ・ステイタスおよび自己意識の分類と、心理的well-beingの測定を行った。その結果、従来の達成ステイタスなど(現在の自己投入)が高いアイデンティティは自己の仮面性を意識しておらず、従来未確立と捉えられてきたD-M中問・拡散ステイタスは自己の仮面性を意識しているアイデンティティであり、両者とも多元的自己意識をもつアイデンティティであることが示唆された。また、アイデンティティ類型による心理的well-beingについては、達成ステイタスだけでなく早期完了およびD-M中問の一部において、相対的に優れた側面があることが示唆された。

The purpose of this research was to grasp the state of the conventional established “achievement” identity and the plural identity, and examine how both are connected with these identities and an adaptive function. The questionnaire survey was performed to classify identity status and a sense of self, and measure psychological well-being for 374 undergraduates. As a result, identity status which (present commitment) was high e.g. conventional “achievement status” had been unconscious of the masked self. In contrast conventional “diffusion status” and “D-M status” had been consious of the masked self identity. And it was suggested that these identity statuses had the sense ot prural self. Moreover, it was suggested that not only “achievement status” but “foreclosure status” and the part of “D-M status” were superior in the several subscale of psychological well-being.
本文言語jpn
著者キーワードアイデンティティの多元化
アイデンティティ・ステイタス
自己意識
心理的well-being
pluralized identity
identity status
self consciousness
psychological well-being
主題教育
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学教育学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク キョウイク ガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0286-0597
NCIDAN00240238
学内刊行物(紀要等)山口大学教育学部研究論叢(第3部)
掲載誌名研究論叢. 芸術・体育・教育・心理
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Education, Yamaguchi University
61
開始ページ81
終了ページ92
発行日2012-01-31
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDC010061000310
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/C010061000310