Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030060000102.pdf ( 2.8MB ) 公開日 2011-11-08
タイトル若年者の直腸Serrated adenomaに対し経肛門的切除術を施行した1例(症例報告)
タイトルヨミジャクネンシャ ノ チョクチョウ Serrated adenoma ニ タイシ ケイコウモンテキ セツジョジュツ オ シコウシタ 1レイ ショウレイ ホウコク
タイトル別表記A case of 17 years old boy who was performed trans anal resection for rectal serrated adenoma
作成者谷本, 治子
前田, 和成
西川, 潤
橋本, 真一
鈴木, 恵子
浜辺, 功一
齋藤, 真理
清時, 秀
岡本, 健志
渡邊, 裕策
筒井, 理仁
硲, 彰一
岡, 正朗
河内, 茂人
坂井田, 功
作成者ヨミタニモト, ハルコ
マエダ, カズナリ
ニシカワ, ジュン
ハシモト, シンイチ
スズキ, ケイコ
ハマベ, コウイチ
サイトウ, マリ
キヨトキ, シュウ
オカモト, タケシ
ワタナベ, ユウサク
ツツイ, マサヒト
ハザマ, ショウイチ
オカ, マサアキ
カワウチ, シゲト
サカイダ, イサオ
作成者別表記Tanimoto, Haruko
Maeda, Kazunari
Nishikawa, Jun
Hashimoto, Shinichi
Suzuki, Keiko
Hamabe, Koichi
Saito, Mari
Kiyotoki, Shu
Okamoto, Takeshi
Watanabe, Yusaku
Tsutsui, Masahito
Hazama, Shoichi
Oka, Masaaki
Kawauchi, Shigeto
Sakaida, Isao
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)症例は17歳男性.10歳時から時々血便を認めていたため,17歳時に近医で下部消化管内視鏡検査を施行された.肛門縁に接して,ほぼ全周性に白色顆粒状隆起の集簇からなる腫瘍を認め,生検の結果serrated adenoma(SA)と診断された.CT,PETでは直腸以外に病変はなく,腫瘍マーカーの上昇は認めなかった.下部直腸に限局するSAと診断し,経肛門的粘膜下層切除術を施行した.病理組織診断は中等度異型のSAであり,術後8日で退院した.非常に稀な若年発症の下部直腸Serrated adenoma を経験し,経肛門的切除術を施行することにより肛門機能を温存した治療が可能であった.
本文言語jpn
著者キーワードSerrated adenoma
経肛門的切除術
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
60
1-2
開始ページ11
終了ページ16
発行日2011-04-30
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/40018817205
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030060000102
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030060000102