Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030059000406.pdf ( 5.4MB ) 公開日 2011-11-08
タイトルAA型アミロイドーシスを合併した高齢発症のCrohn病の一例
タイトルヨミAAガタ アミロイドーシス オ ガッペイ シタ コウレイ ハッショウ ノ Crohnビョウ ノ イチレイ
タイトル別表記A case of Crohn's disease with AA amyloidosis in advanced age
作成者播磨, 陽平
橋本, 一夫
檜垣, 真吾
三谷, 伸之
権藤, 俊一
坂井田, 功
作成者ヨミハリマ, ヨウヘイ
ハシモト, カズオ
ヒガキ, シンゴ
ミタニ, ノブユキ
ゴンドウ, トシカズ
サカイダ, イサオ
作成者別表記Harima, Yohei
Hashimoto, Kazuo
Higaki, Shingo
Mitani, Nobuyuki
Gondo, Toshikazu
Sakaida, Isao
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)AA型アミロイドーシスを合併したCrohn病の一例を経験した.症例は73歳女性.発熱,下痢症状の改善がないため紹介入院となった.入院時の腹部単純X線写真では著明な大腸拡張像を認め,腹部骨盤CTでも回腸から結腸にかけての浮腫状の壁肥厚と腸管周囲に膿瘍の形成,回腸の拡張像を認めた.十二指腸粘膜の内視鏡下生検を施行したところ,組織学的にAA型アミロイドーシスと診断された.大腸内視鏡検査では異常所見はなかった.小腸X線二重造影検査にて,小腸の管状狭窄と拡張,潰瘍瘢痕,類円形の潰瘍が多発していた.AA型アミロイドーシスを合併したCrohn病の診断のもとに入院・加療を行った.絶食と抗生剤点滴で腸管安静をはかると下痢などの症状は改善し,食事を流動食から固形食に変えると症状の増悪を認めた.Crohn病は栄養療法で寛解導入され,その後維持された.消化管アミロイドーシスの消化器症候もなく4年間経過良好である.
本文言語jpn
著者キーワードAA型アミロイドシース
Crohn病
腎障害
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
59
4
開始ページ183
終了ページ188
発行日2010-08-31
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/40017298874
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030059000406
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030059000406