Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030059000302.pdf ( 1.3MB ) 公開日 2011-11-08
タイトルvon Willebrand病合併妊娠の一例
タイトルヨミvon Willebrandビョウ ガッペイ ニンシン ノ イチレイ
タイトル別表記Labor in a woman with von Willebrand disease
作成者中空, 達樹
鈴川, 宗弘
川崎, 泰史
富永, 貴元
篠原, 健次
中島, 優子
佐世, 正勝
作成者ヨミナカゾラ, タツキ
スズカワ, ムネヒロ
カワサキ, ヤスフミ
トミナガ, タカユキ
シノハラ, ケンジ
ナカシマ, ユウコ
サセ, マサカツ
作成者別表記Nakazora, Tatsuki
Suzukawa, Munehiro
Kawasaki, Yasufumi
Tominaga, Takayuki
Shinohara, Kenji
Nakashima, Takayuki
Sase, Masakatsu
内容記述(抄録等)26歳の初妊婦が妊娠10週にAPTTの延長および第VIII因子(FVIII)活性の低下が認められ血液内科に紹介された.von Willebrand 因子(VWF)の活性(VWFリストセチンコファクター,VWF:RCo)および抗原量の低下,血小板リストセチン凝集能(RIPA)の低下,高重合VWFの欠如によりvon Willebrand病(VWD),type2Aと診断された.妊娠維持中は出血症状は認めなかった.妊娠39週に,分娩時および産褥期にFVIII/VWF濃縮製剤を補充し経膣的に分娩した.分娩時の出血量は964mlで多かったが輸血は不要であった.娩児は直後は仮死状態であったが,気道内吸引により速やかに蘇生しその後は合併症は無く生育している.また産褥期の大量出血はなかった.
本文言語jpn
著者キーワードvon Willebrand病
分娩
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
59
3
開始ページ115
終了ページ119
発行日2010-06-30
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/40017210847
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030059000302
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030059000302