Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030058000603.pdf ( 998.9KB ) 公開日 2011-10-26
タイトル大腸内視鏡検査後7日目に発症した汎発性腹膜炎の1例(症例報告)
タイトルヨミダイチョウ ナイシキョウ ケンサゴ 7カメ ニ ハッショウ シタ ハンパツセイ フクマクエン ノ 1レイ ショウレイ ホウコク
タイトル別表記A case of sigmoid perforation diagnosed seven days after colonoscopy
作成者橋本, 憲輝
近藤, 浩史
衛藤, 隆一
小佐々, 博明
清水, 良一
作成者ヨミハシモト, ノリアキ
コンドウ, ヒロシ
エトウ, リュウイチ
オザサ, ヒロアキ
シミズ, リュウイチ
作成者別表記Hashimoto, Noriaki
Kondo, Hiroshi
Eto, Ryuichi
Ozasa, Hiroaki
Shimizu, Ryoichi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)症例は61歳,女性.2008年12月,当院内科にて検診目的で下部消化管内視鏡検査(colonoscopy,以下CS)が施行された.3日後に軽度の嘔気・下腹部違和感を認めたが,経過観察されていた.7日後,腹痛が増悪したため,同科を再診した.腹部骨盤単純CT検査により穿孔性腹膜炎と診断され,加療目的で当科へ紹介された.当科受診時,腹部にやや膨満があり,全体的に圧痛,反跳痛を認めた.腹部骨盤単純CT検査では腹腔内に遊離ガスが散見され,腹水も認めた.結腸穿孔ならびに急性汎発性腹膜炎と診断し,緊急開腹術を施行した. 手術所見では,直腸RS部近傍のS状結腸に腸間膜経由での穿孔を認め,腸間膜内には多量の便塊,便汁が貯留していた.穿孔部より口側でS状結腸と骨盤腔内左卵巣近傍の壁側腹膜との間で強固な線維性の癒着を認めた.術式は急性汎発性腹膜炎手術,S状結腸切除術,人工肛門造設術(ハルトマン手術)を施行した.術直後から急性呼吸窮迫症候群を発症したが,集中治療により軽快した.術後第52病日に独歩にて自宅退院された.2009年3月当科にて人工肛門閉鎖術を施行した. CS施行後,汎発性腹膜炎の発症が7日目である稀な症例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告する.
本文言語jpn
著者キーワード遅発性結腸穿孔
下部消化管内視鏡検査
偶発症
治療方針
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
58
6
開始ページ261
終了ページ265
発行日2009-12-31
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/10025981606
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030058000603
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030058000603