Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030059000201.pdf ( 1.5MB ) 公開日 2011-11-08
タイトル当科における造血器腫瘍患者に施行したReduced intensity conditioning stem cell transplantationの後方視的解析
タイトルヨミトウカ ニオケル ゾウケツキ シュヨウ カンジャ ニ シコウ シタ Reduced intensity conditioning stem cell transplantation ノ コウホウシテキ カイセキ
タイトル別表記Retrospective analysis of reduced intensity conditioning stem cell transplantation for hematological malignancies
作成者安藤, 寿彦
田中, 真由美
田中, 芳紀
三谷, 紀之
山下, 浩司
中邑, 幸伸
縄田, 涼平
高橋, 徹
有好, 浩一
湯尻, 俊昭
谷澤, 幸生
作成者ヨミアンドウ, トシヒコ
タナカ, マユミ
タナカ, ヨシノリ
ミタニ, ノリユキ
ヤマシタ, コウジ
ナカムラ, ユキノリ
ナワタ, リョウヘイ
タカハシ, トオル
アリヨシ, コウイチ
ユジリ, トシアキ
タニザワ, ユキオ
作成者別表記Ando, Toshihiko
Tanaka, Mayumi
Tanaka, Yoshinori
Mitani, Noriyuki
Yamashita, Koji
Nakamura, Yukinori
Nawata, Ryohei
Takahashi, Toru
Ariyoshi, Koichi
Yujiri, Toru
Tanizawa, Yukio
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)血液悪性腫瘍に対し,ドナー血球の生着と抗腫瘍効果を期待し,従来骨髄破壊的・免疫破壊的な強力な移植前処置が行われてきた.この強力な前処置は毒性も強いため,若年者で全身状態の良好な患者にしか施行できなかった.しかし,これまでの臨床研究で,前処置の強度を軽減してもドナー血球が良好に生着することが確認されてきた.当科でも当初倫理委員会の承認を得て,2002年10月からReduced intensity conditioning stem cell transplantation(RIST)を開始している.今回我々は,2002年10月から2007年12月までに,初回同種移植としてRISTを施行した20症例について後方視的解析を行った.平均年齢は50.2歳で,疾患は悪性リンパ腫が8症例と最も多かったが,多岐に及んでいた.3年間の全生存,無進行生存,再発率,移植関連死亡はそれぞれ,57.8%,46.7%,31%,30%であった.移植血球生着については,好中球生着率100%で,生着中央日は13日であった.血小板生着については,移植後50日までで生着率94.3%で生着群での生着中央日は23日であった.移植片対宿主病(GVHD)については,急性GVHDは,grade II-IV 44.4%の発症率で,慢性GVHD発症率は移植後2年までで82.1%であった.また,移植関連毒性について多変量解析を行い検討したところ,高齢や臓器障害の有無は有意でなく,RIST施行の目的は果たされていると考えられた.これまでのRIST施行症例の移植結果をまとめるとともに,今後の方針について考察し報告する.
本文言語jpn
著者キーワード減量前処置(RIC)を用いた移植(RIST)
造血器腫瘍
同種移植
高齢者
臓器障害
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
59
2
開始ページ63
終了ページ70
発行日2010-04-30
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/10026477079
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030059000201
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030059000201