Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030057000503.pdf ( 587.4KB ) 公開日 2011-10-20
タイトル左前下行枝の重複病変に対するOff-Pump Onlay Bypass Grafting の有用性
タイトルヨミヒダリゼンカコウシ ノ チョウフク ビョウヘン ニ タイスル Off-Pump Onlay Bypass Grafting ノ ユウヨウセイ
タイトル別表記6 Cases report : Off-pump onlay bypass grafting of multiple diseased left anterior descending coronary artery using internal thoracic artery
作成者藏澄, 宏之
伊東, 博史
阪田, 健介
小林, 百合雄
作成者ヨミクラズミ, ヒロシ
イトウ, ヒロシ
サカタ, ケンスケ
コバヤシ, ユリオ
作成者別表記Kurazumi, Hiroshi
Ito, Hiroshi
Sakata, Kensuke
Kobayashi, Yurio
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)【背景】近年のカテーテルインターベンションの発達に伴い,多枝病変に対する冠動脈バイパス術(CABG)が増加しつつある.その中には同一冠動脈内に重複した狭窄病変を有するために単純なCABGでは対処しえない症例が認められる.【目的】左前下行枝(LAD)の重複病変に対してOnlay Bypass Graftingの有用性を検討すること.【結果】2005年1月~2007年7月まで当院で施行したOff-Pump CABG症例(131例)の内,6症例でLADの重複病変に対してOnlay Bypass Graftingを行った.年齢68.8±6.5歳,性別 男:女=5:1,Bypass枝数 2.1±0.9,術後最高CPK-MB 32.8±29.8IU/L,On-Pump Conversion 0%(0/6),PMI発生率 0%(0/6),Graft開存率 100%(5/5)であった.【結論】Off-pump Onlay Bypass Graftingを左前下行枝重複病変に対し行い,結果は良好であった.Onlay Bypass Graftingは左前下行枝分枝の完全血行再建を目指す,有用な治療法であると考えられた.
本文言語jpn
著者キーワード冠動脈バイパス術
左前下行枝
重複病変
オフポンプ
オンレイバイパスグラフト
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
57
5
開始ページ153
終了ページ158
発行日2008-10-31
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/110006990345
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030057000503
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030057000503