Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030057000204.pdf ( 866.2KB ) 公開日 2011-10-20
タイトル左腋窩副乳癌の一例
タイトルヨミサエキカ フクニュウガン ノ イチレイ
タイトル別表記A case of left axillary accessory breast cancer
作成者兼清, 信介
北原, 正博
多田, 耕輔
秋山, 紀雄
久保, 秀文
長谷川, 博康
宮下, 洋
作成者ヨミカネキヨ, シンスケ
キタハラ, マサヒロ
タダ, コウスケ
アキヤマ, ノリオ
クボ, ヒデフミ
ハセガワ, ヒロヤス
ミヤシタ, ヒロシ
作成者別表記Kanekiyo, Shinsuke
Kitahara, Masahiro
Tada, Kosuke
Akiyama, Norio
Kubo, Hidefumi
Hasegawa, Hiroyasu
Miyashita, Hiroshi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)症例は72歳女性.左腋窩腫瘤を自覚し当科を受診した.初診時所見では,左腋窩部(いわゆる乳腺堤)に径2cm弱の皮下腫瘤を触知した.超音波検査(US)で多房性の様相を呈していた.マンモグラフィー(MMG),USともに乳房内に明らかな異常所見はなかった.局所麻酔下に腫瘤摘出術を行なった.病理組織学的検査で粘液癌であった.estrogen receptor (ER), progesterone receptor (PgR)はともに陽性であった.PET検査にて全身検索を行ったが,明らかな異常所見はなかった.左腋窩副乳癌と診断し,生検部位を含めた追加切除ならびに左腋窩リンパ節郭清を施行した.病理組織学的検査で,癌の遺残はなく,またリンパ節転移もなかった.術後経過は良好で,術後第7病日に退院した.術後8ヵ月たった現在,再発なく外来にてletrozole投与継続中である.副乳癌はまれな疾患であり,今回我々は左腋窩部に発生した副乳癌の1例を経験したので,若干の文献的考察を加えて報告する.
本文言語jpn
著者キーワード副乳癌
腋窩腫瘤
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
57
2-3
開始ページ49
終了ページ53
発行日2008-06-30
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/110006792569
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030057000204
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030057000204