Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLA040061000102.pdf ( 371.5KB ) 公開日 2011-08-05
タイトル局所体積分率を用いた正則溶液モデルによる極性分子を含む混合物の気液平衡の相関
タイトルヨミキョクショ タイセキ ブンリツ オ モチイタ セイソク ヨウエキ モデル ニヨル キョクセイ ブンシ オ フクム コンゴウブツ ノ キエキ ヘイコウ ノ ソウカン
タイトル別表記Correlation of vapor-liquid equilibria for mixtures containing polar molecules by regular solution model with local volume fraction
作成者小渕, 茂寿
石毛, 健二
米澤, 節子
福地, 賢治
荒井, 康彦
作成者ヨミコブチ, シゲトシ
イシゲ, ケンジ
ヨネザワ, セツコ
フクチ, ケンジ
アライ, ヤスヒコ
作成者別表記Kobuchi, Shigetoshi
Ishige, Kenji
Yonezawa, Setsuko
Fukuchi, Kenji
Arai, Yasuhiko
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(工学)
内容記述(抄録等)The regular solution model (the Hildebrand-Scatchard equation) coupled with the Flory-Huggins equation has been extended by using the local volume fraction of Wilson to be applicable to correlate vapor-liquid equilibria (VLE) of polar mixtures. The extended regular solution model with the local volume fraction (RSM-L) has been applied to ethanol + hydrocarbon binary mixtures in a previous study and it is found that the model can be correlate VLE of the mixtures. In this study, as a continuation, RSM-L is adopted to correlate VLE of other polar binary mixtures containing ethers, ketones and water and its applicability is examined and discussed.
本文言語jpn
著者キーワードRegular Solution
Local Volume Fraction
Activity Coefficient
Vapor-Liquid Equilibrium
Ethanol
Hydrocarbon
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
61
1
開始ページ7
終了ページ13
発行日2010-12
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDA040061000102
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/A040061000102