Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルConversion of chromosome-specific RAPDs into SCAR-based anchor markers for onion linkage maps and its application to genetic analyses in other Allium species
作成者Masuzaki, Shin-ichi
Miyazaki, Tomoya
McCallum, John A.
Heusden, Sjaak van
Kik, Chris
Yamashita, Ken-ichiro
Tashiro, Yosuke
Yamauchi, Naoki
Shigyo, Masayoshi
作成者ヨミマスザキ, シンイチ
ミヤザキ, トモヤ
ヤマシタ, ケンイチロウ
タシロ, ヨウスケ
ヤマウチ, ナオキ
シギョウ, マサヨシ
作成者別表記山内, 直樹
執行, 正義
作成者所属山口大学農学部
本文言語eng
著者キーワードAllium cepa
anchor marker
chromosomal location
random amplified polymorphic DNA (RAPD)
sequence characterized amplified region (SCAR)
資料タイプtext
出版者Elsevier
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0304-4238
NCIDAA00836848
AA11539888
掲載誌名Scientia horticulturae
115
4
開始ページ323
終了ページ328
発行日2008-02
DOIinfo:doi/10.1016/j.scienta.2007.10.016
関連情報URL(IsVersionOf)http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304423807003524
関連情報URL(IsPartOf)http://www.sciencedirect.com/science/journal/03044238
著者版/出版社版その他
リポジトリID2010010547
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2010010547