Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156944.pdf ( 589.6KB ) 公開日 2011-01-12
タイトルディーゼルエンジンの燃焼騒音に関する研究 : 軸受部潤滑油の影響について
タイトルヨミディーゼル エンジン ノ ネンショウ ソウオン ニカンスル ケンキュウ : ジクウケブ ジュンカツユ ノ エイキョウ ニツイテ
タイトル別表記A study on combusition induced noise of diesel engine : effects of lubricating oil in bearing
作成者和泉, 晴夫
常, 建宇
小嶋, 直哉
作成者ヨミイズミ, ハルオ
作成者別表記Izumi, Haruo
Chang, Jian Yu
Kojima, Naoya
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)The combusition impact of a diesel engine causes the vibration which transmits through each part of engine structure and radiates noise from their outside wall. It is difficult to clarify the caracteristics of vibration transmission and noise radiation for a running engine. In this paper, the single explosion test is performed to investigate the relation between the characteristic of vibration transmission path and radiated noise while the supplying state of oil in main bearing is varied.
本文言語jpn
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
44
1
開始ページ19
終了ページ26
発行日1993-10
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156944
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156944