Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156365.pdf ( 1001.2KB ) 公開日 2011-01-12
タイトル切欠脆性破壊挙動におよぼす設計因子および負荷様式の影響
タイトルヨミキリカキ ゼイセイ ハカイ キョドウ ニオヨボス セッケイ インシ オヨビ フカ ヨウシキ ノ エイキョウ
タイトル別表記Brittle fracture strength on designing and loading
作成者瀧本, 昭夫
川本, 敬雄
国木, 信生
佐々木, 東洋士
孝橋, 保郎
小川, 修司
藤井, 善雄
仲, 宏敏
作成者ヨミタキモト, アキオ
カワモト, タカオ
クニキ, ノブオ
ササキ, トヨシ
コウハシ, ヨシロウ
オガワ, シュウジ
フジイ, ヨシオ
ナカ, ヒロトシ
作成者別表記Takimoto, Akio
Kawamoto, Takao
Kuniki, Nobuo
Sasaki, Toyoshi
Kohhashi, Yoshiroh
Ogawa, Shuji
Fujii, Yoshio
Naka, Hirotoshi
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)Brittle fracture strength of design having notches varies complexly with the relative locational relationship between the main load applied and the introduced crack in a specimen. It also varies with the design factor of the length to width ratio of a specimen. Experimental results in unsaturated polyester resins predict that the brittle fracture strength of edge notch or center notch specimens fractured in an outside loading method increases with decreasing the length to width ratio of a specimen and that the strength in an inside loading method decreases with decreasing the ratio. Results of photoelastic study and fracture path analysis give good evidence to the conclusion elucidated above. Practical application tests were made on quenched S50C martensitic steel specimens and the relationships were examined.
本文言語jpn
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
31
2
開始ページ279
終了ページ289
発行日1981-03
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156365
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156365