Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル糞便検査によるツシマヤマネコFelis bengalensis euptiluraの寄生虫調査 : 新感染虫種2種の検出
タイトルヨミフンベン ケンサ ニヨル ツシマヤマネコ Felis bengalensis euptilura ノ キセイチュウ ケンサ : シン カンセン チュウシュ 2シュ ノ ケンシュツ
作成者住吉, 俊亮
内田, 明彦
小暮, 規夫
早崎, 峯夫
作成者ヨミスミヨシ, トシアキ
ウチダ, アキヒコ
コグレ, ノリオ
ハヤサキ, ミネオ
作成者別表記Hayasaki, Mineo
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)ツシマヤマネコの寄生虫相を調べる目的で、飽和硝酸ナトリウム法およびTween80・クエン酸緩衝液法により野外に排泄された糞便を虫卵検査した。その結果、10検体からはマンソン裂頭条虫、鉤虫類、ネコ糞線虫、毛細線虫属、ネコ回虫、壷形吸虫、ウエステルマン肺吸虫および二腔吸虫類の感染が確認された。このうちネコ糞線虫およびウエステルマン肺吸虫は未報告の虫種であり、これらの中間宿主である甲殻類を採食していることも初めて明らかになった。同時に行ったイエネコの糞便3検体(推定3頭分)からは壷形吸虫および鉤虫類の感染が確認された。
本文言語jpn
資料タイプtext
出版者文永堂出版
出版者ヨミブンエイドウ シュッパン
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0447-0192
NCIDAN00407628
掲載誌名獣医畜産新報
52
9
開始ページ713
終了ページ718
発行日1999
関連情報URL(IsPartOf)http://www.buneido-syuppan.com/jvm.html
著者版/出版社版その他
リポジトリID2008010244
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2008010244