Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2010010330.pdf ( 856.1KB ) 公開日 2010-12-07
タイトルリカレントニューラルネットワークによる細胞内反応経路の脆弱・頑健部位の推定手法
タイトルヨミリカレント ニューラル ネットワーク ニヨル サイボウナイ ハンノウ ケイロ ノ ゼイジャク ガンケン ブイ ノ スイテイ シュホウ
タイトル別表記Prediction of fragile points for robustness checking of cell systems with recurrent neural networks
作成者北風, 裕教
神田, 全啓
中司, 弘樹
池田, 信彦
松野, 浩嗣
宮野, 悟
作成者ヨミキタカゼ, ヒロノリ
カンダ, マサヒロ
ナカツカ, ヒロキ
イケダ, ノブヒコ
マツノ, ヒロシ
ミヤノ, サトル
作成者別表記Kitakaze, Hironori
Kanda, Masahiro
Nakatsuka, Hiroki
Ikeda, Nobuhiko
Matsuno, Hiroshi
Miyano, Satoru
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(理学)
内容記述(抄録等)細胞システムは外部環境の変化に対して頑健な構造をもち,内部異常に対しては分子機構が互いに補償することで恒常性を保っている.しかし何かかぎとなる要因により,状態が崩壊してしまう脆弱性も同時に持ち合わせており,バイオシミュレーションツールを用いた脆弱部位の推定手法が求められている.ハイブリッド関数ペトリネット(HFPN)は,多次元の微分方程式の解法を必要とせず,モデルの改変を容易に実現できるが,ノックアウトの実行を繰り返す必要があり多くの処理時間を要する問題が指摘されている.本論文では,HFPNで表現した細胞内反応経路を維持する形でリカレントニューラルネットワーク(RNN)に再形成し,自動で連続的にノックアウトを実現することにより,処理時間の問題を改善する手法を提案する.また,HFPNの速度情報をRNNの結合荷重として与えることで,脆弱部位・頑健部位の推定率の向上も試みる.システムの有効性の評価を上皮成長因子のシグナル伝達モデルを用いて検証し,評価結果に対する考察を述べる.
本文言語jpn
著者キーワードハイブリッド関数ペトリネット
生命パスウェイ
脆弱部位
リカレントニューラルネットワーク
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者電子情報通信学会情報・システムソサイエティ
出版者ヨミデンシ ジョウホウ ツウシン ガッカイ ジョウホウ システム ソサイエティ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN1880-4535
NCIDAA12099634
掲載誌名電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
掲載誌名別表記The IEICE transactions on information and systems
J91-D
9
開始ページ2404
終了ページ2417
発行日2008-09
関連情報URL(IsPartOf)http://search.ieice.org/index.html
権利関係c2008 IEICE
著者版/出版社版出版社版
リポジトリID2010010330
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2010010330