Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2010010180.pdf ( 714.6KB ) 公開日 2010-09-28
タイトル形状記憶合金を用いた人工尿道バルブの開発 : バルブの改良と経皮的電力伝送システムの導入
タイトルヨミケイジョウ キオク ゴウキン オ モチイタ ジンコウ ニョウドウ バルブ ノ カイハツ : バルブ ノ カイリョウ ト ケイヒテキ デンリョク デンソウ システム ノ ドウニュウ
タイトル別表記Artificial urethral valve using SMA actuators : improvement of urethral valve and introduction of transcutaneous energy transmission system
作成者田中, 真美
平野, 健太郎
後藤, 大樹
浪間, 孝重
内, 啓一郎
江, 鐘偉
松木, 英敏
棚橋, 善克
折笠, 精一
長南, 征二
作成者ヨミタナカ, マミ
ヒラノ, ケンタロウ
ゴトウ, ヒロキ
ナミマ, タカシゲ
ウチ, ケイイチロウ
コウ, ショウイ
マツキ, ヒデトシ
タナハシ, ヨシカツ
オリカサ, セイイチ
チョウナン, セイジ
作成者別表記Tanaka, Mami
Hirano, Kentaro
Goto, Hiroki
Namima, Takasige
Uchi, Keiichiro
Jiang, Zhong Wei
Matsuki, Hidetoshi
Tanahshi, Yoshikatsu
Orikasa, Seiichi
Chonan, Seiji
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(工学)
内容記述(抄録等)This paper is concerned with the development of an artificial urethral valve for treating urinary incontinence, which is driven by shape memory alloy actuators. Three types of valves are assembled and their opening and closing functions are examined experimentally by using the urethrae of male dogs. The latest model is driven by the non-contact induction heating system using power transmission coils. It is found that all of them show good opening and closing functions. The energy to drive the valve is transmitted by using an implanted coil of which outside diameter is 60 mm.
本文言語jpn
著者キーワードurinary incontinence
shape memory alloy
artificial urethral valve
animal experiment
induction-heating system
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者日本機械学会
出版者ヨミニホン キカイ ガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0387-5024
NCIDAN00187463
掲載誌名日本機械学会論文集. C編
掲載誌名別表記Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. C
65
631
開始ページ1093
終了ページ1100
発行日1999-03
関連情報URL(IsPartOf)http://www.jsme.or.jp/publish/ronbun/
権利関係Copyright: 日本機械学会 (The Japan Society of Mechanical Engineers)
著者版/出版社版出版社版
リポジトリID2010010180
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2010010180