Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLC070016000004.pdf ( 3.5MB ) 公開日 2010-12-10
タイトルヒトと動物が関係する宗教的モデル : 文化と自然のつながりから見て
タイトルヨミヒト ト ドウブツ ガ カンケイスル シュウキョウテキ モデル : ブンカ ト シゼン ノ ツナガリ カラ ミテ
タイトル別表記Religious model of human-animal relation : as connection of nature and culture
作成者アラム, ジュマリ
作成者ヨミアラム, ジュマリ
作成者別表記Alam, Djumali
作成者所属山口大学人文学部
内容記述(抄録等)This article started from the basic question: when and why does the relation between human and animal can be "religious"? The question and analysis is based on the following major premise. Every single pattern of human-animal relation is religious, because all of these works based on the relation of nature and culture that is basic mechanism of the religion. Therefore, the real problem we have to solve is: what kind of religious mechanism could be represented by every pattern of human-animal relation...
本文言語jpn
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学哲学研究会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク テツガク ケンキュウカイ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0919-357X
NCIDAN10403441
学内刊行物(紀要等)山口大学哲学研究
掲載誌名山口大学哲学研究
掲載誌名別表記The philosophical studies of Yamaguchi University
16
開始ページ71
終了ページ90
発行日2009-03-24
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDC070016000004
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/C070016000004