Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLC070017000003.pdf ( 861.1KB ) 公開日 2010-11-30
タイトルプロタゴラスの相対主義はいかにして自己論駁的か
タイトルヨミプロタゴラス ノ ソウタイ シュギ ワ イカニシテ ジコ ロンバクテキ カ
タイトル別表記How is Protagoras' relativism self-refuting?
作成者脇條, 靖弘
作成者ヨミワキジョウ, ヤスヒロ
作成者別表記Wakijo, Yasuhiro
作成者所属山口大学人文学部
内容記述(抄録等)Validity of Plato's argument against Protagoras' relativism at Theaetetus 171a-c has been called into question by many scholars, largely because the argument, notoriously, omits the qualifying phrase "for x", the phrase of vital importance to relativism. Recently Luca Castagnoli offered a valuable interpretation of the passage, according to which Plato's argument does not aim at proving the absolute falsehood of relativism, but successfully shows that it turns out to be untenable for Protagoras himself in dialectical contexts...
本文言語jpn
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学哲学研究会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク テツガク ケンキュウカイ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0919-357X
NCIDAN10403441
学内刊行物(紀要等)山口大学哲学研究
掲載誌名山口大学哲学研究
掲載誌名別表記The philosophical studies of Yamaguchi University
17
開始ページ49
終了ページ63
発行日2010-03-24
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDC070017000003
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/C070017000003