Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2009020027.pdf ( 376.3KB ) 公開日 2011-06-16
タイトルParticle Swarm Optimizationを用いたRCはりの損傷同定に関する基礎的研究
タイトルヨミParticle Swarm Optimization オ モチイタ RC ハリ ノ ソンショウ ドウテイ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ
作成者河村, 圭
江本, 久雄
別府, 万寿博
宮本, 文穂
作成者ヨミカワムラ, ケイ
ミヤモト, アヤホ
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(工学)
内容記述(抄録等)本研究は、構造物の維持管理に必要な劣化や健全度情報を習得する方法として、最適化手法の一つであるPSOアルゴリズムを用いた損傷同定法を提案したものである。本手法は構造解析とPSOを組合せたもので、観測データとして予め損傷させた構造解析結果を用いている。構造解析による計算結果と観測データとの差を最小にする最適化問題として損傷同定を定式化した。提案した手法により、構造物の損傷位置や損傷レベルを比較的高い精度で同定することができた。
本文言語jpn
著者キーワード損傷同定
Particle Swarm Optimization
FEM
RCはり
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者日本コンクリート工学協会
出版者ヨミニホン コンクリート コウガク キョウカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN1347-7560
NCIDAN10026675
掲載誌名コンクリート工学年次論文報告集
掲載誌名別表記Proceedings of the Japan Concrete Institute
28
1
開始ページ2033
終了ページ2038
発行日2006
著者版/出版社版出版社版
リポジトリID2009020027
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2009020027