Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2009020026.pdf ( 2.3MB ) 公開日 2011-06-16
タイトルBridge Management Systemにおける劣化要因推定システムの推定精度向上
タイトルヨミBridge Management System ニオケル レッカ ヨウイン スイテイ システム ノ スイテイ セイド コウジョウ
作成者中村, 秀明
鬼丸, 浩幸
河村, 圭
宮本, 文穂
作成者ヨミナカムラ, ヒデアキ
オニマル, ヒロユキ
カワムラ, ケイ
ミヤモト, アヤホ
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(工学)
内容記述(抄録等)著者らは従来より橋梁の維持管理を支援する「橋梁維持管理支援システム(Bridge Management System, BMS)の開発を行ってきた。BMSの機能の一つに、発生している損傷から劣化要因を推定する劣化要因推定機能があるが、従来構築したこの機能は、いくつかの劣化要因に対して推定がうまく行われていなかった。そこで、本研究では、この機能に改良を加え、本機能の推定精度の向上を図った。改良された本機能を5つの橋梁に適用した結果、一部の劣化要因については、まだ十分ではないが、概ね全ての劣化要因に対して推定
本文言語jpn
著者キーワードBridge Management System
損傷
劣化要因
因果ネットワーク
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者日本コンクリート工学協会
出版者ヨミニホン コンクリート コウガク キョウカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN1347-7560
NCIDAN10026675
掲載誌名コンクリート工学年次論文報告集
掲載誌名別表記Proceedings of the Japan Concrete Institute
24
1
開始ページ1641
終了ページ1646
発行日2002
著者版/出版社版出版社版
リポジトリID2009020026
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2009020026