Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2009020022.pdf ( 2.7MB ) 公開日 2011-06-16
タイトルコンクリート橋劣化要因推定システムの開発と実橋への適用
タイトルヨミコンクリートキョウ レッカ ヨウイン スイテイ システム ノ カイハツ ト ジッキョウ エノ テキヨウ
作成者中村, 秀明
鬼丸, 浩幸
宮本, 文穂
河村, 圭
作成者ヨミナカムラ, ヒデアキ
オニマル, ヒロユキ
ミヤモト, アヤホ
カワムラ, ケイ
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(工学)
内容記述(抄録等)著者らは従来より、橋梁の維持管理が包括的に行える橋梁維持管理支援システム「Bridge Management System (以下、BMS)」の開発を行ってきた。効果的な橋梁の維持管理を行うためには、損傷を修復することはもちろん、損傷を発生させている劣化要因を抑制するような維持管理対策を選定する必要がある。本研究では、点検時に見られた損傷からその劣化要因を推定する劣化要因推定機能を新たに構築した。この機能を実橋に適用し、その妥当性の検証を行った。
本文言語jpn
著者キーワードBMS
維持管理
因果ネットワーク
損傷
劣化要因
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者日本コンクリート工学協会
出版者ヨミニホン コンクリート コウガク キョウカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN1347-7560
NCIDAN10026675
掲載誌名コンクリート工学年次論文報告集
掲載誌名別表記Proceedings of the Japan Concrete Institute
22
1
開始ページ451
終了ページ456
発行日2000
著者版/出版社版出版社版
リポジトリID2009020022
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2009020022