Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLC010059000313.pdf ( 904.2KB ) 公開日 2010-05-07
タイトル持久運動中の血中アンモニア濃度に及ぼす分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取の影響
タイトルヨミジキュウ ウンドウチュウ ノ ケッチュウ アンモニア ノウド ニ オヨボス ブンキ サ アミノサン BCAA セッシュ ノ エイキョウ
タイトル別表記Effect of branched-chain amino acids supplementation on blood ammonia concentration during prolonged exercise
作成者秋山, 未来
河野, 俊貞
塩田, 正俊
作成者ヨミアキヤマ, ミキ
カワノ, トシサダ
シオタ, マサトシ
作成者別表記Akiyama, Miki
Kawano, Toshisada
Shiota, Masatoshi
作成者所属山口大学教育学部
内容記述(抄録等)本研究では、BCAA摂取が長時間の運動中の血中アンモニア濃度に及ぼす影響について、また、アンモニア濃度の上昇が運動中および回復期の疲労にどのようね影響を及ぼすのかについて検討した。結果は以下に示す通りである。1.血中アンモニア濃度は、BCAA摂取条件においてプラセボ摂取条件よりも有意に高い値(p<0.05)を示し、運動前値からの変化率(%)でも運動中60分および90分において有意に高値を示した。2.運動中のRPEは両摂取条件間ともほとんど変化せず一定であった。また、CWTの所要時間および誤答数においても、摂取条件間および時間経過による有意な差は見られなかった。以上のことより、BCAA摂取条件では、長時間の運動中の血中アンモニア濃度が有意に増加することが示唆された。しかし、血中アンモニア濃度の上昇と疲労との関係は明らかにならなかった。
本文言語jpn
著者キーワードbranced-chain amino acids (BCAA)
blood ammonia
fatigue
主題自然科学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学教育学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク キョウイク ガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0286-0597
NCIDAN00240238
学内刊行物(紀要等)山口大学教育学部研究論叢(第3部)
掲載誌名研究論叢. 芸術・体育・教育・心理
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Education, Yamaguchi University
59
開始ページ141
終了ページ152
発行日2010-01-31
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDC010059000313
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/C010059000313