Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000199491.pdf ( 510.2KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル<研究報告>大分県杵築地域に分布するNbに富む安山岩
タイトル別表記Nb-rich andesites from Kitsuki area in Oita Prefecture
作成者永尾, 隆志
木戸, 道男
沢井, 長雄
作成者ヨミナガオ, タカシ
キド, ミチオ
サワイ, オサオ
作成者別表記Nagao, Takashi
Kido, Michio
Sawai, Osao
作成者所属山口大学機器分析センター
内容記述(抄録等)Nb-rich andesites (NRAs ; Nb 27-15ppm) are found in the Miocene Usa Formation which distributes in Kitsuki area, Oita Prefecture. Phenocrysts of the NRAs are euhedral olivines, orthopyroxenes, clinopyroxenes, hornblendes and plagioclases. The NRAs posses SiO_2 contents of 58.1 62.6 and FeO^*/MgO ratios of 1.39 - 2.19,and are rich in TiO_2,K_2O, Ba, Nb, Rb, Pb, Th, Zr and light rare earth elements as well as the alkali basalts. N-MORB-normalized incompatible element patterns of the NRAs are similar to those of the SW Kyushu alkali basalt (JB-1a) and the Oninomi alkali basalt (within-plate type alkali basalt) rather than the Kuju-type basalts (island arc type basalt) and Yabakei-type basalt (intermediate between island arc and within-plate type basalts). The above chemical characteristics suggests that alkali basalt magmas or magma sources might play an important role of the origin of the NRAs.
本文言語jpn
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学機器分析センター
出版者ヨミヤマグチ ダイガク キキ ブンセキ センター
NII資料タイプ紀要論文
NCIDAN1046804X
学内刊行物(紀要等)山口大学機器分析センター報告
掲載誌名山口大学機器分析センター報告
掲載誌名別表記Center of Instrumental Analysis, Yamaguchi University
9
開始ページ27
終了ページ32
発行日2001
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000199491
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000199491