Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル電子顕微鏡標本調整法に関する研究 第1篇 標本調製法の基礎的考察-特に微生物学的研究を中心として- 第1報 緒論と術後用法の問題
タイトルヨミデンシケンビキョウ ヒョウホンチョウセイホウ ニ カンスル ケンキュウ ダイ1ヘン ヒョウホンチョウセイホウ ノ キソテキコウサツ トクニ ビセイブツガクテキ ケンキュウ オ チュウシン トシテ ダイ1ホウ ショロン ト ジュツゴ ヨウホウ ノ モンダイ
タイトル別表記Studies on the Spechimen Method for Electron Microscopy. PartI. Fundamental Considerations on the Specimen Method. 1.Introduction and Problems of some Technical Terms.
作成者吉井, 善作
山高, 里盛
佐々木, 正人
三浦, 伝一
作成者ヨミヨシイ, ゼンサク
ヤマタカ, サトヨシ
ササキ, マサト
ミウラ, デンイチ
作成者別表記Yoshii, Zensaku
Yamataka, Satoyoshi
Sasaki, Masato
Miura, Denichi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)著者らは電子顕微鏡学の史的展望と本書執筆の動機について述べ、術後用法の問題を論じた。電子顕微鏡応用研究者にとって最大の関心事であり、最重要な実験操作は標目調製である。このことを本篇において特に強調した。術後用法については、「試料」と「標本」、及び「作製」と「調製」の語義と使用区分を明らかにし、その適正使用を強調した。
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
14
3-4
開始ページ42
終了ページ50
発行日1965-11
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030014000307
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030014000307