Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156806.pdf ( 1.1MB ) 公開日 2010-04-19
タイトルBi-Sr-Ca-Cu-O 系セラミックスの超伝導特性に及ぼす Li 添加効果
タイトルヨミBi-Sr-Ca-Cu-O ケイ セラミックス ノ チョウデンドウ トクセイ ニ オヨボス Li テンカ コウカ
タイトル別表記Effect of Li Addition on Superconductivity in Bi-Sr-Ca-Cu-O System
作成者阿武, 俊彦
小柳, 剛
大島, 洋一
藤井, 隆満
平井, 英利
松原, 覚衛
藤井, 一宏
大門, 宏
作成者ヨミアンノ, トシヒコ
コヤナギ, ツヨシ
オオシマ, ヨウイチ
フジイ, タカミツ
ヒライ, ヒデトシ
マツバラ, カクエイ
フジイ, カズヒロ
ダイモン, ヒロシ
作成者別表記Anno, Toshihiko
Koyanagi, Tsuyoshi
Ohshima, Youichi
Fujii, Takamitsu
Hirai, Hidetoshi
Matsubara, Kakuei
Fujii, Kazuhiro
Daimon, Hiroshi
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)The effects of Li addition for the Bi-Sr-Ca-Cu-O ceramics on their superconductivities have been investigated. Bi-Sr-Ca-Cu-O superconducting ceramics with 2212 phase were successfully obtained at low temperatures below 800℃ by addition of LiF and Li_2CO_3 which acted as a flux. The obtained ceramics exhibited the superconducting transition with the T_c onset of 93K and the T_c end of 85K, which was detected by the electrical resistivity and magnetic susceptibility measurements. This high transition temperature, as compared with T_c=75K of Bi-Sr-Ca-Cu-O system with 2212 phase, was related to an increase of c-axis lattice constant by containing Li ions.
本文言語jpn
主題電気電子工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
40
2
開始ページ425
終了ページ434
発行日1990-03
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156806
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156806