Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156784.pdf ( 567.3KB ) 公開日 2010-04-19
タイトルプラズマジェット中に注入された粒子の加熱・冷却過程の解析
タイトルヨミプラズマ ジェットチュウ ニ チュウニュウ サレタ リュウシ ノ カネツ レイキャク カテイ ノ カイセキ
タイトル別表記Analysis of Particle Heating and Cooling in the Plasma Jet Reactor
作成者崎山, 智司
恩塚, 辰典
酒井, 広隆
渡辺, 真
福政, 修
大崎, 堅
佐伯, 節夫
作成者ヨミサキヤマ, サトシ
オンズカ, タツノリ
サカイ, ヒロタカ
ワタナベ, マコト
フクマサ, オサム
オオサキ, カタシ
サエキ, セツオ
作成者別表記Sakiyama, Satoshi
Onzuka, Tatsunori
Sakai, Hirotaka
Watanabe, Makoto
Fukumasa, Osamu
Osaki, Katashi
Saeki, Setsuo
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)In the plasma processing with plasma jet reactors, powder materials are injected into the plasma flow. Then it is important to study interaction between the plasma flow and injected powder particles. In this paper, by using a single particle model for processing, we have calculated the temperature and the trajectry of the particle injected into the plasma flow at different pressures (760Torr, 100Torr) with various particle diameters (5μm∿20μm). According to the numerical results, particle heating and cooling depend strongly on the pressure in the reactor. At 760 Torr all paticles are heated up to boiling point in the feed ring and cooled rapidly out of the feed ring. On the other hand at 100 Torr the particles whose diameters are larger than 15μm can't be reached boiling point in the feed ring and they keep high temperature above melting point in the down stream region far from the feed ring exit. Numerical results are also compaired with experimental ones.
本文言語jpn
主題電気電子工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
40
1
開始ページ241
終了ページ248
発行日1989-10
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156784
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156784