Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156640.pdf ( 437.9KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル豪雨による地盤災害の発生の予測手法に関する研究
タイトルヨミゴウウ ニ ヨル ジバン サイガイ ノ ハッセイ ノ ヨソク シュホウ ニ カンスル ケンキュウ
タイトル別表記A Prediction of the Heavy Rainfall Producing the Slope Failure, Using 10 Minute Rainfall Data Base
作成者大原, 資生
村田, 秀一
塩月, 善晴
松田, 博
山本, 哲朗
遠藤, 明子
作成者ヨミオオハラ, スケオ
ムラタ, ヒデカズ
シオツキ, ヨシハル
マツダ, ヒロシ
ヤマモト, テツロウ
エンドウ, メイコ
作成者別表記Ohara, Sukeo
Murata, Hidekazu
Shiotsuki, Yoshiharu
Matsuda, Hiroshi
Yamamoto, Tetsuro
Endo, Meiko
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)Ochi (1973) proposed the heavy rain classes according to their damages by use of the maximum 3 hour and 1 hour rainfall amounts in the rainfall. This means that the parameters of maximum rainfall intensity curve (R_T curve) can determine the class in which the present rain is. In this paper the parameters a, b of Talbot type R_T curve determined by the six 10 minute rainfall data within an hour are used to make diagnosis how the present rain ranks in the rain classes and if it will be a heavy rain. Analytical results in four heavy rain cases (Nagasaki, 1982,Yamaguchi, 1985,Northern District of Kyusyu, 1980 and Kagoshima, 1986) show the heavy rain can be detected several ten minutes before its real beginning.
本文言語jpn
主題土木工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
37
2
開始ページ245
終了ページ250
発行日1987
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156640
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156640