Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156438.pdf ( 655.2KB ) 公開日 2010-04-19
タイトルポリビニルピロリドンをマトリックスとした光硬化性樹脂による酵素の固定化
タイトルヨミポリビニルピロリドン オ マトリックス トシタ ヒカリ コウカセイ ジュシ ニヨル コウソ ノ コテイ
タイトル別表記Immobilization of Glucoamylase with Use of Photo-crosslinkable Resin Prepolymer Containing Poly (N-vinylpyrrolidone)
作成者福永, 公寿
山下, 信
木村, 允
作成者ヨミフクナガ, キミトシ
ヤマシタ, マコト
キムラ, マコト
作成者別表記Fukunaga, Kimitoshi
Yamashita, Makoto
Kimura, Makoto
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)A novel convenient method for entrapping enzymes or microbial cells by the use of photo-crosslinkable resin prepolymer containing poly (N-vinylpyrrolidone) and ethyleneglycol dimethacrylate was described. Glucoamylase, used as test enzyme, was entrapped successfully and easily in the resin formed by the illumination with a Hg lamp. The relative activity of the glucoamylase entrapped in the resin was affected by the proportion of enzyme and prepolymers in the immobilization system. The entrapped glucoamylase showed about 4.5 times higher K_m value and about 2.5 times lower V_<max> value compared with the native glucoamylase (pH 4.5,35℃, substrate : maltose). The pH and temperature dependencies of the enzyme reaction were also compared between the entrapped and native glucoamylases.
本文言語jpn
主題材料工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
33
1
開始ページ55
終了ページ63
発行日1982
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156438
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156438