Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156772.pdf ( 426.0KB ) 公開日 2010-04-19
タイトルフルオレン誘導体の回転異性 : 第 18 報 9-アリール-1-t-ブチルフルオレン誘導体の配座平衡
タイトルヨミフルオレン ユウドウタイ ノ カイテン イセイ ダイ 18 ホウ 9-アリール-1-t-ブチルフルオレン ユウドウタイ ノ ハイザ ヘイコウ
タイトル別表記Rotational Isomerism in Fluorene Derivatives XVIII : Conformational Equilibria of 9-Ary1-1-t-butylfluorene Derivatives
作成者西田, 晶子
住田, 剛
釘崎, 龍二
藤崎, 静男
梶返, 昭二
作成者ヨミニシダ, アキコ
スミダ, ツヨシ
クギサキ, リュウジ
フジサキ, シズオ
カジガエシ, ショウジ
作成者別表記Nishida, Akiko
Sumida, Tsuyoshi
Kugisaki, Ryuji
Fujisaki, Shizuo
Kajigaeshi, Shoji
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)Several 9-aryl-1-t-butyl-9-fluorenol derivatives (aryl- : 2'-methylphenyl-〔4〕, 3'-methylphenyl-〔5〕, 4'-methylphenyl-〔6〕, and 2'-methyl-1'-naphthyl-〔7〕) were prepared from 1-t-butylfluorenone 〔3〕 and corresponding aryllithium. The reactions of these 9-fluorenol derivatives with HI in acetic acid gave corresponding 9-fluorenone derivatives 〔8〕, 〔9〕, 〔10〕, and 〔11〕, respectively. The conformational equilibria of these compounds〔4〕, 〔11〕 between anti-and syn-conformers were investigated on their ^1H NMR spectra. Particularly, in compounds 〔5〕 and 1-t-butyl-9-(3'-methylphenyl) fluorene 〔9〕, their ^1H NMR spectra at low temperature showed equal amounts of the two conformers, and the free energy values of activation for the exchange between the two conformers were obtained (〔5〕 : ΔG_c=12.4 kcal/mol, T_c=-20℃, 〔9〕 : ΔG_c=10.9 kcal/mol, T_c=-50℃).
本文言語jpn
主題化学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
40
1
開始ページ139
終了ページ144
発行日1989-10
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156772
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156772