Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156679.pdf ( 570.4KB ) 公開日 2010-04-19
タイトルエンジンにおける燃焼衝撃音の発生機構に関する実験的研究(第 1 報 : 単一爆発加振法)
タイトルヨミエンジン ニオケル ネンショウ ショウゲキオン ノ ハッセイ キコウ ニ カンスル ジッケンテキ ケンキュウ ダイ 1 ホウ タンイツ バクハツ カシンホウ
タイトル別表記An Experimental Study on Generation Mechanism of Combustion Induced Engine Noise (1st Report : The Method of Single Explosion Excitation)
作成者小嶋, 直哉
小林, 啓二
椿, 棯
伊藤, 和美
作成者ヨミコジマ, ナオヤ
コバヤシ, ケイジ
ツバキ, ミノル
イトウ, カズミ
作成者別表記Kojima, Naoya
Kobayashi, Keiji
Tsubaki, Minoru
Itoh, Kazumi
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)The combustion impact energy acting to the inner wall of combustion chamber is transmitted through the engine structure and finally radiated from its surfaces as combustion noise. The frequency characteristics of engine structure response to the combustion impact were investigated by introducing a single explosion excitation to the non-running engine structures. The transmission-radiation coefficient of combustion noise was defined as a ratio of combustion noise power to the acoustic power exerted on the combustion chamber wall. This coefficient was compaired for four different types of engines.
本文言語jpn
主題機械工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
38
2
開始ページ227
終了ページ233
発行日1988
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156679
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156679