Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000155507.pdf ( 221.5KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル可変リアクタンス素子によるアナログ関数乗算法
タイトルヨミカヘン リアクタンス ソシ ニヨル アナログ カンスウ ジョウサンホウ
タイトル別表記Analogue Function Multiplications with Variable Reactance Elements
作成者平田, 威彦
桐原, 昭雄
作成者ヨミヒラタ, タケヒコ
キリハラ, アキオ
作成者別表記Hirata, Takehiko
Kirihara, Akio
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)本文においては, 可変素子を含む分圧回路に周波数の異なる2つの信号を重畳して加えれば分圧された出力中に含まれる2信号の和または差の周波数成分は各信号の振幅の積に比例することを示し, また, パラメトリック回路においてアイドリング回路に現われる電圧または電流は信号励振量とポンピング励振量のおのおのの振幅の積に比例することも示している.これらはいずれも原理的にパラメトリック方式であるということができる.これらを用いたアナログ関数乗算法の原理的説明の他に誤差に関する検討も多少行なわれている.
本文言語jpn
主題応用物理学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
14
1
開始ページ107
終了ページ110
発行日1964
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000155507
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000155507